パンドラの箱とは、「触れてはいけないもの」という意味の例えで使われることもあります。「触れてはいけない」とは、実行したり話題にしたりするとよくないことが起きることがある、ということです。よって、「パンドラの箱を開ける」とは「災いを引き起こす原因を作る」という意味でも使われます。

パンドラの箱の語源はギリシャ神話です。最高神であるゼウスがあらゆる不幸や災いが入った箱を地上最初の女性であるパンドラに渡し、「絶対に開けてはならない」と命じます。

しかしパンドラは好奇心から箱を開けてしまい、中にあった不幸や災いが飛び出してしまいました。パンドラがすぐに蓋をしたところ、箱には「希望」だけが残りました。

この神話からパンドラの箱は「触れてはいけないもの」の例えとなりました。

しかしポジティブな解釈としては、「人間の手元に希望が残った」とか「人類が希望を持って生きられるようになった」と考えることもできるようです。

パンドラの会は、障がいという特性を持つ方々の希望が詰まった箱であると考えています。私たちと一緒に希望に満ち溢れた ”箱” を開け、充実した日々を楽しく過ごしましょう!